ギャンブル漬けの生活って?

トランプの扱い方やプレイ方法を学び、最初はシンプルなカードゲームを何度も繰り返していた頃があったでしょう。そして次第にゲームにお金を賭けるようになることで、ギャンブルは思いがけず始まります。ギャンブルは人によって様々な満足感をもたらしますが、のめり込み過ぎると不健康な強迫観念を持つようになったり、後々の危険な結果につながる可能性があります。

また、ギャンブルは仕事や人間関係に支障をきたし、さらに悪いことには、経済的な問題を引き起こすこともあります。そして、ある日の早朝、金融業者が家のドアを叩く音で目が覚め、 延滞している借金を返済するよう迫られるようになるかも知れません…。

もちろん、カジノゲームは楽しいものです。ですが、責任ある人間としては、ギャンブルに使ってもいい限度額と止め時、続け時をを知っておくべきです。そうでなければ最終的に、後悔の念を抱えながら夜も眠れない刑務所生活を送る羽目になりかねません…。公的な記録によると、ギャンブルに関与する人やギャンブルの問題を抱えている人は大多数がお金持ちか平均以上にお金がある人なのだそう。…どうしてだと思いますか?単純に、彼らは自分が強大な力や、あり余るほどのお金を銀行に持っていると信じてしまっているからです。

賭ける金額の大小は関係なく、また、勝つか負けるかも問題ではありません。ギャンブル依存症は、賭けに勝ち続けて、さらに多くを賭けることで始まります。ジャックポットや宝くじに当たった人も同様です。今あるものには満足せず、さらに多くを求める人もいるのです。信じられないかもしれませんが、この悲しい事実は世界でもよく認識されている問題の一つであり、無視できないものです。しかし、ギャンブルをしても何の問題も起こさなければ、ギャンブル依存症にはならないことを覚えておく必要があります。問題があるギャンブラーは、自分の行動に責任が持てなくなるとパートナーや他人に責任転嫁します。つまり、人間関係を破綻させる原因の一つは、自制心のなさや身勝手さなのです。

自分の行動とその後の結果には、必ず自分で責任を持つようにしましょう。ギャンブル依存症は、ギャンブラーにプレイするだけのお金がなければ心配いらないと言う人がいますが、それは誤りです。ただの作り話にすぎません。現実には、金銭問題だけでなく、失業、精神的な問題、人間関係の問題にも直面し、さらには命に関わることすらあります。ひどい話ですが、ギャンブラーがギャンブルに費やせるお金を使い果たしてしまったり、借金取りに追いかけられるようになったりすると、自分の過ちに気づいたり、反省することなく、パートナーのせいにすることもあるのです。